三井住友VISAカードの支払いを延滞してしまった

僕が初めてクレジットカードを作ったのが社会人1年目である5年前です。何がきっかけか忘れたのですが、とりあえず社会人なのだからクレジットカードぐらいは持ってないといけないなと思って、ネットか何かでその時人気だって言われていたライフカードを作りました。

三井住友VISAカードはポイントがたまりやすいクレジットカードとして人気でしたよ。何かとポイントがたまっていくみたいです。

まあ、僕もポイントを貯めていきたいなとは思っていました。どうせ支払しないといけないものならばクレジットカードで同じ金額を支払って返済すればポイントがたまるだけお得で、損するポイントはありませんからね。
こういうことを考えて、携帯電話代や家の電気代などクレジットカードで支払うことができるものは、なるべくクレジットカードで支払うようにしていっていました。

そうするうちに、どんどん支払いが多くなってきたのです。やっぱり一括で支払わないと利息を支払わないといけないので、その分損ですし、生活に必要なお金を分割で払うというのはちょっと間違っていることだっていうのはこの時分かっていたのです。

でも、そんな感じでクレジットカードを使い始めたのですが、いつの間にかどんどんクレジットカードで買い物するようになって、毎月の支払いが大変になってきたのです。

現金がなくてもクレジットカードがあれば物が買えるので、本当に必要かどうかもわからないようなものまで買い物してしまったり、彼女と食事に行くときはちょっと見栄を張って高いところで食べて、支払いをクレジットカードにしてみたりということもちょこちょこありましたからね。

1回払いはさすがに厳しくなってきたので、分割払いとかにもしました。リボ払いにできるものはリボ払いにしたり。

そんな感じで使っているとはやり限度額いっぱいまで使ってしまい、限度額を増やしてもらわないとちょっと厳しい状況だったので、三井住友VISAカードに電話をかけてちょっと限度額を増やしてもらうことに成功しました。こういう時は電話をかけて直接お願いするのが一番いいですね。

まあ、ちょっと増やしてもらうことには成功したのですが、その後もいつの間にか限度額いっぱいまで使ってしまっていたというのは言うまでもないことでしょう。

そんなうちに、三井住友VISAカードの支払いができなくなって、口座引き落としができなく、延滞という状況になってしまったのです。

ただ単に口座にお金を入れておくのを忘れていて延滞というわけではなく、お金が本当になくて延滞という状況になったのです。

これではカードの利用を停止されてしまったら大変なので、急いで三井住友VISAカードの方に電話して、口座引き落としん間に合わなかった旨を伝えました。するといつまでに振り込んでくれみたいなことになったのです。

お金がなかったわけなので、どうしようと思っていたのですが、とりあえず借りてでも支払うしかないなということになって、延滞中でも借りれるのか?っていうことを調べると(こちらのサイトを参照・・・http://xn--n9jucyaee0266bx3ci24bd63a.com/)借りれるとのことだったので、借りて支払うということにしました。

 

クレジットカードのショッピングで使うのもお金を借りているのと同じようなものだとは思うのですが、直接お金を借りるとなるとちょっと緊張しましたね。

でも、とりあえず延滞していたお金を返済することができたので良かったです。これでとりあえず利用停止というのは免れたかなと思います。

続きを読む

消費者金融の印象について思うこと

消費者金融の印象について思うことは、借りる前と借りた後ではまるで違うということです。

借りる前は、金利が高いとか、多重債務とか、返せなくて破産とか、悪いイメージしかありませんでした。借りた後は、意外に親切丁寧でしっかりしており、こちらがきちんとしている限りは怖くない、と思いました。

実際にかなりの金額を借りましたが、返済などは一度も滞りなく行いましたので、督促などはなくまた職場に電話するなどの嫌がられのようなこともされませんでした。

金貸しについては、昔から高利貸しなど悪いイメージしかなく、消費者金融もその延長線上にあり、同じ金貸しでも銀行などとは雲泥の差がありました。

しかし、実際は、昔はともかく、今は大手銀行のグループ会社になるなど、今はちゃんとした会社になっていると思います。

ただ、昔は法定以上の金利で貸していたという問題もあり、完全に良いイメージになったわけではなく、未だグレーの印象を持たれていると思います。

昔のサラリーマン金融所謂サラ金という言葉のイメージが悪くなったので消費者金融に呼び名を変えたのは、昔を反省し昔と決別するためか、単にイメージを変えて逃げるためか、よくわかりません。

過去の悪いイメージを払拭するためにも、これからも健全な営業を心掛けてもらいたいです。

続きを読む