脂肪吸引とは

脂肪吸引はどういったものなのかを紹介します。

一般的に脂肪がつくという言葉をよく使いよく聞きますが、これは新しい脂肪細胞が外からきて身体につくという意味ではないのです。なぜなら、脂肪細胞の数は思春期以降には増えることがないからなのです。では、脂肪がつくとはどのような状態のことを指すのか。。。

消費カロリーよりも多くのエネルギーを摂取した時にひとつひとつの脂肪細胞は大きくなります。これがいわゆる脂肪がつくといった状態なのです。そして、これによって脂肪細胞全体の容量が増えることを肥満と呼びます。

脂肪吸引とは、通常ダイエットにおいて脂肪細胞全体の容量を減らそうとするのですが、脂肪吸引の場合は脂肪細胞の数を吸引で物理的に減らしていきます。

脂肪層は細い血管や神経が走る皮下脂肪と血管や神経のないLFDの二層に分かれているのです。

LFDは人が餓死状態になるまで蓄えられている脂肪のことで普段は全く燃焼されていません。脂肪吸引でこのLFDと皮下脂肪の一部を取り除いていきます。

脂肪吸引にはいろいろな方法があって、部位や量、予算によってその方法を使い分けたりしています。脂肪吸引の方法を紹介しますね。

チューメセントという方法は、止血薬や麻酔薬を生理食塩水で薄めた溶液を脂肪に注入して吸引をする方法。
もっともスタンダードな方法で、脂肪吸引治療のベースとして多くの方法と併用されています。輸血をする必要がないのも特徴となっています。

ベイザーリボとは、カニューレと呼ばれている管から脂肪を吸引して、管の先端からベイザー波と呼ばれる振動エネルギーを出して脂肪を浮化させて吸引していく方法。

ベイザーデフは、ベイザー波をカニューレの先端から出して脂肪を吸引して、その脂肪を豊胸などに使ってボディの形を整える方法のこと。

ボディジェットとは、カニューレの先から麻酔効果・止血効果のある薬剤のはいったジェット水流と脂肪溶解駅を脂肪細胞にあてて、脂肪細胞を他の組織から分離して脂肪を吸引する方法のことです。

ボディタイトは、高周波の熱で脂肪を溶かしカニューレで脂肪を吸引していきます。

ウルトラゼットは韓国で開発された脂肪吸引方法で、超音波の振動エネルギーで脂肪細胞を溶かしていく方法です。

シリンジという方法は、注射器を利用して脂肪を吸引する方法のことです。

ハイパーインフレートは、チューメセント法を進化させた脂肪吸引方法です。麻酔薬や止血薬と生理食塩水の入った溶液を皮下脂肪層に注入して、脂肪を浮かせて吸引していきます。

などと、上記に書いた他にも脂肪吸引の方法は様々あります。

金額は部位や方法によって異なりますが、10万円~150万円と幅広いです。

やはり高額となるので、医療ローンを組んで行う方が多いようですね。

医療ローン審査※美容整形や矯正など高額医療費を借りるには?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>